50代の転職サイトランキング

top_big

リクナビNEXT[多くの転職者が愛用!]
詳細
★★★★★
 圧倒的な求人数を誇る定番転職サイト。あなたの職歴などの情報を登録することで、採用担当者から連絡が来る可能性がある「スカウトシステム」がウリ。転職活動のスタートはここから!利用・登録ともに完全無料!


利用者の声
良かった
地方都市に暮らす私は、転職エージェントに登録しても、その恩恵に預かる機会が少ないと考え、自分で求人を探すと決め、リクナビNEXTに登録した。50代の転職は厳しいだろうと予想していたのだが、求人が豊富で業種や勤務地などいろいな方法で検索することができる。希望に合った企業に応募し見事転職を果たせた今、自分の決断は正しかったと実感している。(52歳 男性)
良かった
会社員生活の集大成として、一度経験した「会社を上場させる」という仕事を最後に手掛けたいと思い、リクナビNEXTに登録。自分の経歴に興味を持ってくれたベンチャー企業から、プライベートオファーが届いた。面接して話を聞いた時に上場までの道のりは平坦ではないと感じたが、若い経営者を支えながら、夢をかなえようと決め転職した。目標があるので、多少年収が下がっても毎日充実していると思う。(54歳 男性)
良かった
50代の転職は、年収ダウンや新しい人間関係づくりなど、少なくないリスクを抱えるものです。本当に納得のいく転職を果たしたかったので、在職しながら転職活動ができる、リクナビNEXTに登録しました。スカウトを待つのではなく、自分の目で求人情報を確かめて検討したかったので、毎週応募可能な情報が届くのはとてもありがたいです。自動的に希望条件に合った求人が届くのも、時間を有効に使えてよいと思います。(50歳 女性)
普通
リクナビNEXTの検索機能は、とても良いと思います。資格を持っている私には、特に使い勝手がよかったです。とは言え、50代でやりがいのある仕事先となると、現在の居住区では難しいようで、転職活動を続けるかどうか悩んでいます。(51歳 女性)


リクルートエージェント[プロに頼るならここ!]
詳細
★★★★
 プロのキャリアコンサルタントがあなたの転職活動をサポート!登録も利用も完全無料。

利用者の声
良かった
リクルートエージェントの50歳以上の求人を見ると、転職市場で中高年が人気が低いという評判が嘘に思えるほどだ。ただし、この年齢で転職するときの意識を変える必要があることを、私はキャリアコンサルタントに教えられた。大手企業の看板に守られて仕事をするのではなく、個人のキャリアや経験を活かして成果を出せる仕事に就けたいま、毎日が充実している。(53歳 男性)
良かった
リクルートエージェントが取り扱っている50歳以上の求人の中には、知名度の低い中小企業も少なくない。だが、成長過程にある会社の業績を上げるというチャレンジは、年収を基準に企業選びをする必要がないミドル世代しか、できないものだと思う。若き経営者を支え、会社の礎になると思えば、やりがいも期待度も大きい。そんな仕事に出会わせてくれた、リクルートエージェントに感謝している。(56歳 男性)
良かった
エグゼクティブ転職というコンテンツを見ていて、成果主義の外資系企業なら50歳以上の求人でも、自分を存分に試せる場があるとわかった。結果が出なければ解雇もありうるシビアな面もあるが、海外勤務経験を活かせる仕事を見つけたので、内定を勝ち取るべく、キャリアコンサルタントに英文レジュメや面接対策のサポートを受けながら、しっかり準備したい。(50歳 男性)
普通
全国規模で人材紹介を展開するリクルートエージェントは、求人量も質も申し分ないと聞いて登録しました。確かに求人数は豊富なのですが、特に事務職は応募数も多いようで、なかなか書類選考を通りませんし、面接までいって若い人に負けることも多々あります。もっとミドルに特化した求人を、用意してほしいです。(52歳 女性)


キャリアカーバー[高年収を狙う]
詳細
★★★★
 リクルートが新しく提案するエグゼクティブに特化した転職サイト。年収が約750万円~を対象にしているため50代にマッチしている。




一般的に、50代の転職は、豊富な経験やスキル実績があるが故、給与も高く、またプライドも高くなるため転職先では扱いにくいと考えられています。よって、年齢的に50代の転職は、非常に難しいものだと言わざるを得ません。

転職市場が求めるのは、企業内の組織構成上や、賃金面から給与が安い年代を求める傾向にあるからです。

また、多くの50代転職者は、転職でも同程度の報酬や待遇を求める傾向にあるため、条件面で折り合いがつかず転職先が決まらないことも多くあります。

50代向け転職情報発信サイトです!

そこで、当サイトでは、50代で転職をお考えの方に向けた転職情報発信サイトになります。50代の転職で、きちんと計画を立てて転職活動を有利に進めていけるように、さまざまなアドバイスを行っています。

たとえば、転職プランの作成方法から、利用する価値がある転職サイトの探し方、求人応募に向けた応募書類の書き方、面接時のポイントなどをご案内しています。

50代の転職を成功に導くのもそうでないのも、やり方次第ともいえるでしょう。どうか、当サイトを利用して転職活動のやり方やポイントを活用してまとめてみましたので、ぜひ参考にされて下さい。

50歳からの転職を成功させるために!
1.50歳からの転職は可能なのか?


『エン転職コンサルタント』を運営しているエン・ジャパンは、2014年1月15日~2014年1月30日の期間に、転職コンサルタント329名に対し、ウェブサイト上で、2014年の転職市場予測「ミドル層の求人動向」に関するアンケート調査を行いました。

その調査結果によると、転職コンサルタントの72%が、ミドル世代が対象の求人が増えると回答。特に、「メーカー」や「建設・不動産」業界で増加することが予測されるという結果が出ました。

これまで、転職市場では「35歳限界説」が根強く信じられていました。

ですが、この結果を見る限り、50歳からの転職は十分に可能です。

なぜなら、人件費を抑えつつ、投資に見合う回収ができればよいと若手採用に走っていた企業では、ロストジェネレーション世代の育成がままならず、企業を成長させるために経営的視点にたってかじ取りができる人材が不足しているからです。

ですが、ミドル世代の求人が増加するのは、主に中堅・中小企業が多いので、キャリアアップ転職を果たすためには、ひと工夫が必要かもしれません。

2.50歳が若い世代に勝てる強みはあるのか?

当然、50歳のビジネスマンが、それ以下の世代に勝てる強みはたくさんあります。

そこで、企業が50歳も含んだミドル世代にどんな評価を寄せているのか、まとめてみたいと思います。

・長年培ったキャリアと専門スキルにより、的確な意思決定と行動ができる
・クレームや事故といった不測の事態を、迅速に解決できる
・業界内に人的ネットワークを構築しており、クライアントの評価も高い
・熟練した専門スキルを持つことで、企画開発能力が高い
・豊富なマネジメント経験により、部下のスキルにあった指導・育成ができる

つまり、50歳ともなると、すでに社会人として完成され、個人の成果ではなく、組織や企業全体の業績の底上げという視点で、さまざまな問題解決を推進できる能力が身についていることが多いのです。

こうした強みがあれば、年齢が高いことが理由で、書類選考が通過しないという、理不尽な事態も少なくなるのではないでしょうか。

3.50歳に企業が求めているものは何か?

oldmanc
現在のミドル世代の求人を見てみると、企業が転職希望者に求める知識や経験は、9割超が「同業界・同業種」。「異業種・同職種」は4割弱、「同業種・異職種」は1割、「異業種・異職種」はわずか一桁台でした。

ことに50歳からの転職は、社会人として完成し、教育の必要がないことが前提の求人が多いですから、これまでキャリアを積んできた業界で、同じような職種に就く方が、求人を探しやすい現状が見えてきます。

企業が求めるスキルについての質問では、「高レベルでの実務遂行能力」が7割弱、「目標や課題を自ら設定し解決策を考える能力」で3割強という結果が出ていました。

つまり、ミドル世代になると、企業から与えられた仕事をこなすのではなく、より大きな成果を生むために、自ら考え、行動し、それを周囲に派生するための説得材料としての専門スキルが不可欠だということです。

さらに経営的視点に立って、組織運営を行っていくためには、部下のスキルに合わせた指導・育成が行えるコーチング力や、組織のモチベーションを保つためのマネジメント力があることも、企業にとっては大きな魅力になります。

自分がこれまでのキャリアの中で、実務に直結した専門スキル以外に、組織運営に関わる中で培ってきた能力はないかどうか、一度キャリアの棚卸をしてみるとよいかもしれません。
組織で大きな成果を上げたときに、自分が担った役割や心がけていたことをアピールできれば、採用担当者の目にとまる可能性がアップするはずです。

4.50歳でも転職サイトで求人が探せるのか?

転職サイトと聞くと、求人数が多い若者のためのものだと、勘違いしていませんか?
50歳からの転職で在職中の方が有利なのは、企業で自分のポジションを持ち、時間管理ができる能力があるとみなされるからです。

近年は、50歳以上を対象にした、ハイクラスな求人を集めた転職サイトも登場しており、パソコンやスマートフォンを駆使して、欲しい情報にすぐにアクセスし、活用できる50代の方が、より希望条件に合った求人を手に入れているのです。

転職サイトにも特色があり、会社規模や業界、職種など、各社で強い分野が異なりますので、事前にランキングサイトなどでリサーチをかけ、必ず複数に登録するようにしましょう。

自分の経歴を登録するのを面倒がるミドル世代も少なくないのですが、いまその手間を惜しむような人材に、自分の希望通りの求人が巡ってくることはありません。
転職サイトごとに、レジュメ作成ツールも用意されていますし、無料でさまざまな情報を提供してもらえるのですから、定期的に手を入れながら、あなたに興味を持つ企業からのオファーを待ちつつ、求職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

50歳からの転職に成功するために


とはいえ、ミドル世代を受け入れてくれる企業の大半は、中堅・中小企業です。
50歳からの転職であれば、いまより月収や年収をアップさせたい気持ちがあるのは、当然なことだと思います。ですが、特に大手から中堅・中小企業に転職する場合、希望年収に固執すると、再就職先が見つからないのが現実なのです。

50歳からの転職に成功するためには、自分が応募企業に必要とされる人材かどうかを見極め、採用してもらうためのプレゼンの準備を怠らないことが原則です。

応募企業ごとに違うニーズをいかにくみ取り、その部分に、自分のどんなところが役立つのかを、採用担当者にプレゼンすることが、内定獲得への早道!その際、意欲だけでは説得力がありませんので、過去の経験の中から、ニーズにマッチする具体的なエピソードを披露したり、自分が実践した組織活性化プランについて説明することが大事です。

一時年収が下がることもあるかもしれませんが、あなたの経験と知恵を駆使して、企業の業績を伸ばすことができれば、報酬は後からついてくるものです。ビジネスマン人生の集大成として、どんな仕事をやりきりたいのかを考え、全うできる企業と出会えるよう、願っています。

ページ上部へ戻る